0
¥0

現在カート内に商品はございません。

山川光男 2022 なつ

¥2,200 ~ ¥4,070 税込
ご予約受付中
5月21日(土)より順次発送開始です
----------------------------------------

山川光男(やまかわみつお)は、山形県内の4蔵元が結成した志のあるユニット。銘柄の一文字ずつを取って名付けられ、生命を吹き込まれました。
(山形正宗、楯野川、東光、男山)

俳句に興味をもった山川光男さん、今年は名句(迷句?)を読みながら各地を廻ります。「奥の細道」の作者である俳諧師・松尾芭蕉へのオマージュ作品第二弾は、田植えにまつわる句のようです。

「田一枚植えて立ち去る 光男かな」
なるほど、本来は、柳の下でぼんやりと感慨に耽っている間に、農民は田植えを終えて帰ってしまった……という句へのオマージュですね。
実は光男さん、先日酒米の田植えの途中、1 枚目でいなくなってしまいました。どうやら、田植えは1枚で終わったと勘違いし、どこかへ行ってしまったようです。
1枚で終わるはずもない田植え作業だけに、「戻ってきてくだされ~」と願う仲間の声が聞こえてきそうな一句ですね。
それにしても光男さん、ちょっと泥だらけすぎじゃありませんか?
商品詳細
製造元
楯の川酒造
アルコール分
15
容量
720ml / 1800ml
720ml
在庫多数
お届け日指定不可
1800ml
在庫多数
お届け日指定不可
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

カテゴリ一覧